お先真っ白

隠キャOLの日常と悪あがきをまとめました

【失敗談】パパ活女子専門の釣り師を釣った話

 

 

どうも、陰キャOLのあまねっこです。

 

 

最近”パパ活”という言葉をよく聞くようになりましたね。

パパ活とは、お金のあるおじさんと若い女の子が出会い、男性側がお小遣いを渡すのを条件に一緒に食事をしたり買い物に付き合ったりする関係の事で、食事や買い物に付き合うだけで簡単にお金が稼げる!!と、大変話題になりました。

かくいう私も、精力的にパパ活に取り組もうとして、色んなリッチなおじさんに会ってみた経験があるのですが世の中そんなに甘くないですね(笑)

パパ活をする女子が爆増し、大人の関係有りのパパ活(愛人業というらしい)が主流になっているため、食事パパ活は成功率がものすごく低くなってしまったのです。

たまに純粋に食事や買い物だけ、という方もいらっしゃいますが、私が会ったおじさん達もほとんどは愛人目的でした。

思ってたんと違う・・・( ^ω^)と思ってすぐ辞めてしまった私ですが、パパ活をしてみて面白かったことを書いていこうと思います。

 

 

 

パパ活を初めて一か月くらい経ち、パパ活の相場や実態をある程度掴んでいた私。

その日も、私はとある出会い系サイトでパパの募集をかけ、メールをくれたパパ候補とやり取りをしていました。

そんな私のもとにいきなり

 

 

パパ候補「ホテル代別で五万出すからエッチできない?」

 

 

とメールが来ました。

 

 

パパ活をやってみるとわかるんですが、これは日常茶飯事です(笑)

いつもはこの手のメールには返信しないんですが、底辺パパ活女子の相場を考えると五万はかなり高額な設定なので、出会い系に転がっているレベルの女とのセックスに5万の価値を感じているなんて・・・どんだけモテねぇんだよ(笑)と興味が湧いてしまい返信することに。

 

 

ワイ「初対面の方と関係を持つのは抵抗があるので、一度お食事だけでお会いできませんか??」

 

 

愛人業に興味がなかった私は、初回の食事でお小遣いを貰って、次会う時はホテルいこうね♡と言って帰り二度と会わない、という詐欺まがいのことをしていたので、今回もその路線を狙い返信。

 

 

パパ候補「それって食事するにもお金払うんだよね?俺にメリットなくない??」

 

ワイ「あなたにメリットがあるとかないとかではなくて、私が初対面の人と関係を持ちたくない、というだけです。

一回の食事を挟むのがどうしても嫌というようでしたら他の方をあたってくださいm(__)m」

 

 

パパ候補「いや、会うよ!でも、一回きりの食事パパになりたくないんだ。

そういう子最近多いから。。。」

 

 

ズバリ私の事やなwww

 

 

ワイ「そうなんですね。

私も二回目会いたいと思う方もいれば、会いたくない人もいるし、フィーリングが合わなかったんじゃないですか?」

 

 

パパ候補「俺もう嫌なんだ、二回目断られるの。。。

お金は払うよ!だからエッチしてくれない??」

 

 

いや、必死wwwwwww

こんなにしつこく誘ってくる人は珍しいので、このあたりから釣りを疑い始める私

 

 

ワイ「そうですね。。。清潔感や臭いとか、会わないとわからないことも多いし、絶対にできるかどうか約束はできないです」

 

 

パパ候補「わかった、20万円持っていくね。」

 

 

!?!?wwwwwww

バカすぎる(笑) 

そんなちょろい話あるわけないだろ(笑)

私の中でだんだんこのパパ候補釣り師説が濃厚になってきたので、容姿について聞いてみることに

 

 

ワイ「金額の問題ではないので何とも言えません。

一度食事だけでお会いすることができないのであれば、簡単に容姿の特徴をおしえていただいてもいいですか?身長と体重とか…」

 

パパ候補「身長180cm、太めです」

 

ワイ「体重は?」

 

パパ候補「なんでそんなこと聞くの?」

 

ワイ「答えられないですか?」

 

パパ候補180kgだよ

 

 

180cm、180kg!!wwwwwww

絶対力士だろ、もはや逆に会いたいわwwwwww

 

 

ワイ「そうなんですね。

   写真とかありますか?」

 

力士「ないよ」

 

ワイ「撮ってください」

 

力士「(明らかに180cm180kgではない男性の写真)」

 

ワイ「どう見ても体型が違うようですが?」

 

力士「食事だけで5万でどう?」

 

ワイ「さっきと話が違いませんか?」

 

力士「お願いします。18時に○○で待ってるから」

 

 

 

あ~~~必死だな~~~

私の話を聞かないどころか、会話すらできんぞこの男

ここで彼を釣り師と断定した私は、釣り師を釣ってみることにしました。

有料サイトでわざわざお金払ってやっているぐらいですから、女を釣ることに命を懸けているに違いありません。

おもしろ性癖!笑

 

 

ワイ「わかりました。カカオトークで連絡取れますか?着いたら連絡します。」

 

釣り師「わかりました。」

 

ワイ「18時にお店予約したので(※してません)、集合場所はココでお願いします」

 

釣り師「ありがとうございます、20万持っていくね。」

 

何回もお金のことをちらつかせてくるあたり、釣り師がにじみ出ている(笑)

 

 

~~そして、約束の時間~~

 

 

ワイ(電話)「着きました」(※着いてません)

 

釣り師(電話)「僕を見つけてください。

180cm180kgの男w 見つけられるでしょ??w」

 

ワイ(電話)「そうですねぇ。。。ほんとに来てますか??」

 

釣り師(電話)

「・・・ばーーーかwwwお前みたいなブスとの飯に5万も払う奴いるわけねぇだろwww調子乗んなよwww俺みたいな金持ちはお前ら底辺相手にしてねーんだよ、勘違い乙wwwww」

 

 

ワイ「あっ、釣りってことはわかってたので釣りかえしてみました。

私は今家でふつうにYouTubeみてます(笑)

ところで、あなたの性癖についてお伺いしてもいいですか?(冷静)」

 

 

釣り師えっ・・・(´・ω・`)」(マジトーン)

 

 

マジトーンの「えっ・・・」に爆笑してしまった私。

そのまま電話を切られてしまったので面白い話を聞くことは出来ませんでした、無念。

そのあと、「マジキモイ死ね」と文章を送ってきたことが、なにより滑稽でしたね(笑)

 

 

 

けったいな趣味をお持ちの人もいるもんですねぇ

私も釣り返しているので人のことはいえませんが、世の中本当に病んでいるなと思った出来事でした。

パパ活中の女の子のみなさん、気をつけてくださいね( ˘ω˘ )

 

 

 

くだらない体験談にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

では、また次回の記事でおあいしましょう〜