お先真っ白

隠キャOLの日常と悪あがきをまとめました

爽やかお兄さんが詐欺師(多分)だった話

 

 

 

こんばんわ、あまねっこです。

今日は

爽やかお兄さんが詐欺師(多分)だった話

を書こうと思います。

 

 

 

あ、最初に言っておきますが、これは詐欺に引っかかる寸前までいったお話です。

低所得の社会人を狙った詐欺が横行しているので、ぜひこの体験談をご徴収下さいm(_ _)m笑

 

 

 

事の始まりは知人の紹介でAさん(28歳で元教師、現在は実業家)と出会ったことでした。

 

 

 

 

初めてお会いした時の印象は、すごく気さくでめちゃくちゃに話しやすいお兄さん。

年もさることながら、収入や生活スタイルもまるで違うのに、同世代の同窓会かな?wと錯覚するほどに人当たりのいい方でした。

 

 

 

 

カフェでお茶をしながら話したんですが、1時間ただひたすら雑談をして

あっと言う間に時間が過ぎる、この人めちゃくちゃ楽しい!!!

というのが素直な気持ちでした。

 

 

 

 

 

いいように弄ばれる少女、僕。笑

もう、運命かと思いましたわ。

 

 

 

 

 

ここからは、心を掴まれてしまった哀れな少女がズルズルとビジネスの話に引きずり込まれる流れのテンプレみたいな会話👍

あなたの予想通り!!!

おめでとう!!!

 

 

 

 

「収入を増やしたくはないか?」

「今の生活が10年後できると思うか?」

「誰でも踏み出すまでが大変」

 

 

 

 

このあたりをナチュラルに会話に織り交ぜてきます。

まぁ、考えたことない人なんていないんじゃないかな?って話。

ここで私は将来への不安を思い出してしまい、ビジネスを始める事に心が傾きました。

そして、畳み掛けるように

 

 

 

Aさん「僕が君のビジネスをプロデュースするよ

 

 

 

と、言いました。

 

 

 

 

 

はい。

読んでいるあなたが言いたいこと

わかる。

わかるぞ。

「こんなん詐欺師の定石だろ。」

でしょ??

 

 

 

 

 

わかるよ。(今ならね)←重要

 

 

 

 

 

でもね、これがね、本当にまじで

心底この人について行ったら人生うまくいくんじゃ…??と思わせる話し方をするんですよ。

隠キャの私には絶対に真似できないコミュ力。

すごい👏👏👏

 

 

 

 

(笑)

 

 

 

 

そんなこんなで、初対面から2時間後

私はAさんと次の約束を取り付けるに至りました。

Aさんは

「次に君に会う時までに、君にぴったりのビジネスを見つけられるように頑張ります!!」

と言って、爽やかに去って行きました。

 

 

 

 

 

その時の私のビジネスへのモチベーションは最高潮。

 

 

 

 

私は賢い人の話を聞くと

「うわぁ〜〜〜すごい人の話を聞いてしまったぞーーー!!

ワイもすごい人間の仲間入りだーーー!!

スーパーニートあまねこ(すごい)爆誕!!

わーーーい!!」

と舞い上がってしまうバカなので、いいのカモなのです。ガーガー🦆

今思えば、そんなところも見抜かれていたのかなぁ。

賢い人ってのはすごいんですわ。笑

 

 

 

 

 

そして二度目の約束の日の前日

Aさんから、いくつかのビジネスモデルを提案できそうだ🙆‍♀️と連絡がありました。

ぶっちゃけ、先行投資するような資金もないのでビジネスについて調べることもせず、まぁAさんが出してくるビジネスモデルに乗ればいっかƪ(˘⌣˘)ʃぐらいの軽い気持ちで考えていた僕は

こんな私の為に、たった一回会っただけの私の為に、忙しいAさんが頑張って考えてくれたんだ!!感動!!この人に会えてよかった!!

と思いました。

↑死ぬほどおめでたい(笑)

 

 

 

 

 

そして、約束の日。

あまねこワクワクです。

 

 

 

 

軽く雑談をしてなごんできたところで、Aさんが本題のビジネスについて話し始めました。

 

このビジネスについてはめんどくさいので詳細を省きますが簡単にいうと、ブランド物のせどりビジネス。

 

このビジネスについてのプランや、メリットデメリット、お得な点、等々…

誰にでも簡単に始められるような

余裕の勝ち確wwwwww

って感じのビジネスでした。

 

 

 

 

ここでの僕の気持ちは

ひゃっはーーー!

私もこれで本物のスーパーニート!

 

 

 

 

最高です。ガーガー🦆

 

 

 

 

でも僕は次の瞬間我に返りました。

 

 

 

 

 

Aさん「でも、このビジネスをする為にはこの情報商材を買わないといけないんだ。」(真剣)

 

 

 

 

 

もちこ「、、、あっ。」(察し)

 

 

 

 

いきなり全てを察した僕。笑

ここから、やっと今までの成り行きを客観視できるようになりました。

 

 

 

 

冷静になってしまった私をよそに話を進めるAさん。

これは詐欺だ、と思って話を聞く私。

 

 

 

 

 

Aさん「先行投資としてこの商材を52万で買わないと始められないんだ、月1万の分割で払えるようになってるから負担は少ないよ(自信に満ちた笑顔)」

 

 

 

 

もちこ「本当ですね!!(高すぎて草www)」

 

 

 

 

と、まぁ、52万の情報商材を売られたという結末(笑)

ここからは真面目に聞いてなかったんですが、やっぱり商売上手なAさん。

最後に、

「大金がかかることだからよく考えてね。でも、僕、忘れちゃうから、3日でするかしないか返事を下さい(^^)」

と言って帰って行きました。

 

 

 

 

もう僕は詐欺だと思っているのでこの商材を買ったりする事はありませんが、詐欺にかけられそうになったのに責められないくらい僕と僕のお金を大切に扱ってくれるAさん。

しかし、冷静に考えるには短すぎる3日という期限。

完全にプロ。(確信)

 

 

 

 

 

お金×賢い人って怖いな

と心底思った体験でした。

 

 

 

 

低賃金で働く若い社会人の方

稼いで脱サラしたいと思っている方

狙われていますよ。

詐欺師はすごいです、まじで。

自分を過信してはいけません。

気をつけてくださいね。

 

 

 

 

これで体験談は終わりです。

いかがでしたでしょうか?

似た体験をした方や、実際に引っかかってしまった方の話を聞いてみたいです。

よかったらコメント欄にてお話をお聞かせください😌

 

 

 

 

 

あまねこ、ギリギリで踏みとどまる。

 

 

 

 

 

また、次の記事でお会いしましょう